地域密着型金融推進計画について

足立成和信用金庫は、平成15年度より2年間を集中改善期間として「リレーションシップバンキングの機能強化に関するアクションプログラム」を、平成17年度からの2年間を重点強化期間として「地域密着型金融の機能強化の推進に関するアクションプログラム」を時限的に推進してまいりました。
平成19年度からは「中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針」に基づき恒久的な取組みとして「地域密着型金融」の推進をおこなっております。
具体的な取組みとして

1.ライフサイクルに応じた取引先企業の支援強化

2.事業価値を見極める融資手法をはじめ中小企業に適した資金供給手法の徹底

3.地域の情報集積を活用した持続可能な地域経済への貢献

以上を3本柱として、当金庫の役職員が一丸となって真摯に取組み推進して行くための施策及び結果を公表します。詳しくは以下のリンクから明細をご覧下さい。 足立成和信用金庫は経営理念として、「金融サービスを通じて地域の繁栄と発展に奉仕し、感謝の気持ちを持って顧客満足を最優先する」を掲げております。これは地域密着型金融の主旨に副うものと認識しております。経営理念を着実に実行することが、地域経済の発展に貢献することであり、地域との共存共栄を使命とする地域金融機関として生きる道であると同時に地域密着型金融を深化させ経営理念を全う出来るものと考えております。

関連PDFファイルダウンロード

common_ic_05PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。