投資信託

投資信託の特徴

投資信託の3つの特徴のご説明をしています。

特徴1

小さな資金で始められます。 株式・債券などの有価証券への投資金額は、1万円程度の「小口資金」から始められます。

特徴2

分散投資の効果を得られます。 投資信託では、複数の銘柄に少しずつ資金を分散して投資しますので、全体的に値動きが平準化され、リスクを抑えた運用を目指すことができます。

特徴3

投資の専門家に運用をお任せいただけます。 株式・債券などに投資するには、多額の資金と専門的な知識が必要になります。投資信託の場合は、多くのお客様から集めた資金をまとめて、運用の専門家が調査分析の上、分散投資を行います。

投資信託の仕組み

投資信託の仕組みを簡単にご説明しています。

fund_structure.svg

お申込みから換金・償還まで

投資信託のお申込みから換金・償還までの流れとなります。必ずご覧ください。

fund_conversion1.svg

fund_conversion2.svg

fund_conversion3.svg

fund_conversion4.svg

投資信託に関するリスク

各ファンドには、リスクがありますので、元本が保証されているものではございません。
また、投資信託の運用による損益はお客さまに帰属します。その他のリスクおよび詳細については、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)に記載しておりますので、必ずご覧ください。

 

主に国内債券を投資対象とするファンド

金利変動等による組入債券の価格変動、組入債券発行者の信用状況の変化等により基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。

主に海外債券を投資対象とするファンド

金利変動等による組入債券の価格変動、組入債券発行者の信用状況の変化、為替相場の変動等により基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。

主に国内株式を投資対象とするファンド

組入株式の価格変動、組入株式の発行者信用状況の変化等により基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。

主に海外株式を投資対象とするファンド

組入株式の価格変動、組入株式発行者の信用状況の変化、為替相場の変動等により基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。

主に国内不動産投信を投資対象とするファンド

組入不動産投資信託証券の価格変動、組入不動産投資信託証券発行者の信用状況の変化等により基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。

主に海外不動産投信を投資対象とするファンド

組入不動産投資信託証券の価格変動、組入不動産投資信託証券発行者の信用状況の変化、為替相場の変動等により基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。

TOPへ戻る